LAN構築

お客様の目的に合わせ、現在あるリソースを最大限に活かし、将来性のあるLANを提案します。

弊社の提供するLAN(Local Area Network)の構築サービスは、現在お持ちのリソースを最大限に活かし、企業規模・将来性・予算を考慮し、お客様にとって最適なプランをご提案させていただきます。

取扱製品 メーカー 説明
Small Businessシリーズ
Catalystシリーズ
Cisco Systems
シスコシステムズ
ネットワーク機器のトップメーカーです。
性能、実績ともに世界トップクラスののメーカーですが、価格が少し高めです。
Black Diamondシリーズ
Summitシリーズ
Extreme Networks
エクストリームネットワークス
主にL2、L3スイッチに力を入れているUSのメーカーです。
高性能・低価格ではありますが、実績・信頼性が今一歩です。
Switch Bladeシリーズ Allied Telesis
アライドテレシス
非常に安価なため、アクセススイッチとして導入することが多い機器です。
実績・信頼性に関しては、全く問題ありませんが、他のメーカーの機器と比べ、機能が少し乏しいです。
ApresiaLightシリーズ
Apresiaシリーズ
HITACHI
日立電線株式会社
L2スイッチをメインに開発している日本のメーカーです。
高性能・低価格で、実績も少しずつ積まれています。

LAN構築の流れ

lan_01

現地調査&ヒアリング

お客様に最適なご提案をさせて頂くために、お客様の既存LAN環境、また、導入されているシステムについてのヒアリングと現地調査をさせて頂きます。

lan_01

要件定義

現地調査、ヒアリングから要件定義書を作成します。

lan_02

デザイン

要件定義で決定したことを基に、スケーラビリティ(拡張性)とアベイラビリティ(可用性)を考慮したネットワークデザインを描きます。
もちろん、システム運用者の希望や予算面などにも柔軟に対応します。

lan_03

詳細設計

詳細設計では、ネットワーク資格を持ち、5年以上の経験者が設計することで、常に高い品質のLAN構築サービスを提供します。
この設計書からどのようなテストを行う必要があるかを検討し、テスト計画書を作成します。

lan_04

設定&事前テスト

導入する機器の検証を行います。
導入予定の機器に初期不良がないか、また、基本的な機能が正常に動作しているかなど、弊社実験環境にて事前テストを行います。

lan_05

導入&テスト

お客様の施設にLAN機器を設置し、ネットワークを接続します。
また、事前テストできなかった本番環境でのテストも行います。

lan_06

完成図書&保守

導入後に「物理構成図」「論理構成図」「コンフィグ」「テスト結果」を提出します。
また、導入後の保守・運用について取り決めを行います。
システム障害が発生した際などに迅速に対応するため、障害検知方法・連絡体制・保守契約などを取り決めておく必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  • 2016.1.4

    LAN構築

    お客様の目的に合わせ、現在あるリソースを最大限に活かし、将来性のあるLA…

  • 2016.7.1

    SX80の接続方法

    SX80の接続方法 SX80はどうやって接続するのかを図にしました。 S…

  • 2015.12.15

    Cisco SX20

    Cisco SX20は中小企業の会議室向けのTV会議システムソリューションで…

最近のコメント

    ページ上部へ戻る