【DX650】テレビ会議接続中のレイアウト(2画面)

【DX650】テレビ会議接続中のレイアウト(2画面)

DX650は内蔵MUCがないため、基本的に1対1の接続なのですが、複数拠点で接続する場合は別途MUC機器が必要になります。
今回は3拠点との接続時に、4拠点までの接続が可能な内臓MCUを持つSX20を利用しています。

2拠点~3拠点に接続した際にどのような画面レイアウトになるのかを図にしました。

ニューヨークがDX650でマルチモニター構成、ロンドン、パリはSX20でシングルモニター構成で描いています。

DX650はモニターに接続すると、ミラーモードと拡張ディスプレイモードを選択できます。
ミラーモードはDX650本体と同じ画面を、拡張ディスプレイモードは、別の画面を表示します。

各レイアウトの名称説明はこちら

2拠点接続中のレイアウト(資料なし)

M2_dx650_layout2_nopresentation

ロンドンとニューヨークをカメラ映像のみで接続した際のレイアウトです。
ニューヨークは2種類のレイアウトを選択できます。
ロンドンは一画面表示になります。

2拠点接続中のレイアウト(資料あり)

M2_dx650_layout2_presentation

ロンドンとニューヨークを資料共有ありで接続した際のレイアウトです。
ニューヨークはミラーモードのみレイアウトを変更できます。
どちらもオーバーレイになりますが、画面をダブルタップすることで、拡大表示が切り替わっています。
拡張ディスプレイモードでは、モニターに資料を映します。変更はできません。
ロンドンは4種類のレイアウトを選択できます。
それぞれ、サイドバイサイド、オーバーレイ、一画面表示、対象拡大表示です。

3拠点接続中のレイアウト(資料なし)

M2_dx650_layout3_nopresentation

ロンドンと、ニューヨーク、パリをカメラ映像のみで接続した際のレイアウトです。
ニューヨークはサイドバイサイドでの表示のみになります。
ロンドン、パリは同じSX20ですが、ロンドンのみ4種類のレイアウト(サイドバイサイド、対象拡大表示、一画面表示、オーバーレイ)があるのに対し、パリはサイドバイサイドでの表示のみになります。

3拠点接続中のレイアウト(資料接続あり)

M2_dx650_layout3_presentation

ロンドンとニューヨーク、パリを資料共有ありで接続した際のレイアウトです。
ニューヨークはミラーモード時のみ、サイドバイサイドにオーバーレイでの表示を2種類選択できます。
大きく表示させるのをカメラ映像か、資料かは画面をダブルタップすることで変更できます。
拡張ディスプレイモードはモニターに資料が表示され、変更はできません。
ロンドン、パリは4種類のレイアウトを選択できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  • 2015.12.15

    Cisco SX10

    Cisco telepresence SX10は高い品質とシンプルさを兼ね備…

  • 2016.7.1

    SX20の接続方法

    SX20の接続方法 SX20はどうやって接続するのかを図にしました。 S…

  • 2016.7.1

    SX80の接続方法

    SX80の接続方法 SX80はどうやって接続するのかを図にしました。 S…

最近のコメント

    ページ上部へ戻る