【SX80】テレビ会議接続中のレイアウト(2画面)

【SX80】テレビ会議接続中のレイアウト(2画面)

SX80は5拠点とテレビ会議接続ができます。
それぞれの拠点接続数の、レイアウトを図にしました。

SX80(ロンドン)とSX20(その他拠点)としています。

ロンドンはマルチモニター構成、ニューヨークはマルチモニター構成、パリ、東京、大分はシングルモニター構成で描いています。

各モニターの名称説明はこちら

2拠点接続中のレイアウト(資料なし)

SX80 2画面 2拠点接続(資料なし)

ロンドンとニューヨークをカメラ映像のみで接続した際のレイアウトです。
両拠点とも1画面表示になっているのが確認できます。
※今回のみニューヨークはシングルモニター構成になっています。

2拠点接続中のレイアウト(資料あり)

SX80 2画面 2拠点接続(資料あり)

ロンドンとニューヨークを資料共有ありで接続した際のレイアウトです。
ロンドン、ニューヨーク共に、接続先のカメラと資料でそれぞれ一画面表示になります。

3拠点接続中のレイアウト(資料なし)

SX80 2画面 3拠点接続(資料なし)

ロンドンと、ニューヨーク、パリをカメラ映像のみで接続した際のレイアウトです。
ロンドンはそれぞれの拠点が1画面ずつ表示の一画面表示、ニューヨークとパリは、2拠点を1画面に表示にするオーバーレイの表示が確認できます。
※ニューヨークはマルチモニター構成ですが、接続している2拠点をそれぞれ1画面ずつに表示することはできません。

3拠点接続中のレイアウト(資料接続あり)

SX80 2画面 3拠点接続(資料あり)

ロンドンとニューヨーク、パリを資料共有ありで接続した際のレイアウトです。
ロンドンは4種類のレイアウトあります。
4種のレイアウトは共通して1画面に資料を表示しています。
カメラ映像のみ、サイドバイサイド、対象拡大表示、一画面表示、オーバーレイと表示が変更になります。
ニューヨークは接続している2拠点を1画面に並べるサイドバイサイドで表示し、残りの1画面に共有資料を映しています。
パリは、4つのレイアウトを自由に変更できます。
1つ目はサイドバイサイドでの表示、2つ目はオーバーレイで、3つ目は一画面表示、4つ目は対象拡大表示となります。

4拠点接続中のレイアウト(資料なし)

SX80 2画面 4拠点接続(資料なし)

ロンドン、ニューヨーク、東京、パリをカメラ映像のみで接続した際のレイアウトです。
ロンドンは4つのレイアウトを自由に変更することができます。
1つ目はサイドバイサイドです。SX20とは2画面を使用して表示している点が大きく違います。2つ目の対象拡大表示は1画面で拡大対象を表示し、もう1画面をサイドバイサイドで表示します(他のレイアウトは選択できません)。3つ目は一画面表示、4つ目はオーバーレイとなります。
ニューヨークは3拠点を1画面に縮小して表示するサイドバイサイド表示になります。マルチモニター構成ですが、2画面を使って各拠点を表示することはできません。
東京、パリはオーバーレイで表示しています。

4拠点接続中のレイアウト(資料接続あり)

SX80 2画面 4拠点接続(資料あり)

ロンドン、ニューヨーク、東京、パリを資料共有ありで接続した際のレイアウトです。
ロンドンは、4種類のレイアウトを自由に変更することができます。
4種類共通で、1画面に資料を表示します。
カメラ映像がそれぞれサイドバイサイド、対象拡大表示、一画面表示、オーバーレイとレイアウトが変わります。
ニューヨークは1画面に3拠点の縮小と1画面に資料を表示します。
東京、パリは4つのレイアウトがあります。
1つ目は資料をメインにワイプで接続先の3拠点を表示するオーバーレイ、2つ目はサイドバイサイドで、3拠点の縮小を上部に、下部に資料を表示します。3つ目は資料のみの一画面表示、4つ目は資料をできる限り大きく表示し、上部に縮小した3拠点を表示する対象拡大表示です。

5拠点接続中のレイアウト(資料なし)

SX80 2画面 5拠点接続(資料なし)

ロンドン、ニューヨーク、東京、パリ、大分をカメラ映像のみで接続した際のレイアウトです。
ロンドンは、4種類のレイアウトを自由に変更することができます。
サイドバイサイドは2画面を使用して表示し、対象拡大表示は1画面に拡大対象、もう一画面にその他をサイドバイサイドで表示します。一画面表示は2画面に、オーバーレイは2拠点をアップで、他2拠点をそれぞれ1画面ずつにワイプで表示します。
ニューヨークはサイドバイサイドで1画面に表示します。マルチモニター構成ですが、2画面を使って表示することはできません。
東京、パリ、大分は、サイドバイサイドで表示します。

5拠点接続中のレイアウト(資料あり)

SX80 2画面 5拠点接続(資料あり)

ロンドン、ニューヨーク、東京、パリ、大分を資料共有ありで接続した際のレイアウトです。
ロンドンは4種類のレイアウトを自由に変更することができます。
4種類のレイアウトは共通して1つの画面で資料を共有しているのが確認できます。
接続先のカメラ映像のみ、サイドバイサイド、対象拡大表示、一画面表示、オーバーレイで表示します。
ニューヨークは接続先の4拠点をサイドバイサイドで表示し、資料を1画面に表示します。
東京、パリ、大分は、4つのレイアウトがあります。
1つ目は資料にワイプで接続先の4拠点を縮小表示するオーバーレイ、2つ目はサイドバイサイドで、4拠点を縮小したものを上部に、下部に資料を表示します。3つ目は資料のみの一画面表示、4つ目はできる限り資料を大きく表示し、接続先の4拠点を縮小して上部に表示する対象拡大表示になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

最近のコメント

    ページ上部へ戻る