テレビ会議システム

テレビ会議システムの導入により、経費削減、時間短縮、コミュニケーション活性化を期待できます。

テレビ会議システムは、ハードウェアベース、WEBベースなど様々なタイプがあります。
中でも、操作性・画質が最も良いのがハードウェアベースタイプになりますが、価格が高いのが難点でした。
現在では、内臓MCUを外した低価格なテレビ会議端末、「SX10」も発表され、エンドユーザーにとって導入しやすくなりました。
今後もDX70やDX80といった、テレワーク向けの製品も発表される予定です。
また、今後のテレビ会議システムは、電話、スマートフォン、タブレット等と連携をとり、今より更に利用者にとって便利なツールとなっていきます。

取り扱い製品 メーカー 説明
Quick Set C20 Cisco Systems
シスコシステムズ
ディスプレイ以外の必要コンポーネントをセットした会議室向けのエンドポイント製品。
EX60 Cisco Systems
シスコシステムズ
テスク設置用の、個人向けエンドポイント製品です。
普段はPCなどのティスプレイとして使用できます。
Quick Set SX20 Cisco Systems
シスコシステムズ

カメラ、マイク、リモコンをセットにしたエンドモデルです。
オプションで他地点接続オプションを付加することができます。
(最大4拠点)

テレビ会議システム導入の流れ

会議

現地調査&ヒアリング

お客様に最適なご提案をさせて頂くために、お客様の既存LAN、WAN環境、また、予定している設置スペースについてのヒアリングと現地調査をさせて頂きます。

デザイン

デザイン

お客様のご要望に応じ、テレビ会議システムの構成をデザインします。

会議

お見積、提案書

弊社より、お見積及び提案書をお送りします。

設計図

詳細設計

注文が確定されたら、すぐに詳細設計書を作成します。

テスト接続

設定&事前テスト

導入するテレビ会議システムの設定と動作テストを行います。

設置

導入&テスト

会議室への設置完了後、動作テストを行います。

書類

完成図書&保守

導入後に「物理構成図」「論理構成図」「コンフィグ」「テスト結果」を提出します。
また、導入後の保守・運用について取り決めを行います。
システム障害が発生した際などに迅速に対応するため、障害検知方法・連絡体制・保守契約などを取り決めておく必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

最近のコメント

    ページ上部へ戻る