【SX20】テレビ会議接続中のレイアウト(2画面)

SX20 3画面 2拠点接続(資料なし)

【SX20】テレビ会議接続中のレイアウト(2画面)

SX20は4拠点とテレビ会議接続ができます。
それぞれの拠点接続数で画面の見た目がどのように変わるのか。
そのレイアウトを図にしました。

使用製品は全てSX20です。
ロンドン、ニューヨークはマルチモニター構成、東京、パリはシングルモニター構成で描いています。

各レイアウトの名称説明はこちら

2拠点接続中のレイアウト(資料なし)

SX20 2画面 2拠点接続(資料なし)

ロンドンとニューヨークをカメラ映像のみで接続した際のレイアウトです。
両拠点とも1画面に表示しているのが確認できます。

2拠点接続中のレイアウト(資料あり)

SX20 2画面 2拠点接続(資料あり)

ロンドンとニューヨークを資料共有ありで接続した際のレイアウトです。
両拠点共に、それぞれ1画面ずつカメラ映像と資料を表示しています。

3拠点接続中のレイアウト(資料なし)

SX20 3画面 2拠点接続(資料なし)

ロンドンと、ニューヨーク、パリをカメラ映像のみで接続した際のレイアウトです。
ロンドンのみ、接続先の2拠点をそれぞれ1画面ずつに表示しています。
ニューヨーク、パリは1画面にサイドバイサイドで表示します。
ニューヨークはマルチモニター構成ですが、1画面ずつに表示することはできません。

3拠点接続中のレイアウト(資料あり)

SX20 3画面 2拠点接続(資料あり)

ロンドンとニューヨーク、パリを資料共有ありで接続した際のレイアウトです。
ロンドンとパリは4種類のレイアウトから変更できます。
ニューヨークのみ、接続先の2拠点をサイドバイサイドで表示し、資料を1画面に表示します。
ロンドンのレイアウトも、パリのレイアウトもそれぞれ名称は同じで、サイドバイサイド、対象拡大表示、一画面表示、オーバーレイですが、ロンドンは1画面に資料を表示するのは共通で、カメラ映像のみのレイアウトが変わります。
対してパリは、メイン表示を資料で固定のレイアウト変更となります。

4拠点接続中のレイアウト(資料なし)

SX20 4画面 2拠点接続(資料なし)

ロンドン、ニューヨーク、東京、パリをカメラ映像のみで接続した際のレイアウトです。
ロンドンは4種類のレイアウト変更ができます。
それぞれサイドバイサイド、対象拡大表示、一画面表示、オーバーレイです。
ニューヨーク、東京、パリは1画面にサイドバイサイドで表示します。
尚、ニューヨークはマルチモニター構成ですが、2画面を使って表示することはできません。

4拠点接続中のレイアウト(資料あり)

SX20 4画面 2拠点接続(資料あり)

ロンドン、ニューヨーク、東京、パリを資料共有ありで接続した際のレイアウトです。
ロンドン、東京、パリは4種類のレイアウトを選択できます。

それぞれ、オーバーレイ、サイドバイサイド、一画面表示、対象拡大表示となります。
ロンドンのみ2画面なので、1画面に資料固定でカメラ映像のみのレイアウトが変わります。対して、東京、パリはメイン表示が資料で固定の、1画面でのレイアウト変更となります。
また、ニューヨークは1画面に資料を表示し、カメラ映像部はサイドバイサイドで固定となります。

関連記事

  1. Cisco MCU5310

  2. 製品一覧

  3. SX10の接続方法

  4. 【SX20】テレビ会議接続中のレイアウト(1画面)

  5. IP電話機 GXP2130

  6. Cisco SX10