【SX80】テレビ会議接続中のレイアウト(1画面)

【SX80】テレビ会議接続中のレイアウト(1画面)

SX80は5拠点とテレビ会議接続ができます。
それぞれの拠点接続数の、レイアウトを図にしました。

SX80(ロンドン)とSX20(その他拠点)としています。
今回は全拠点をシングルモニター構成で描いています。

各レイアウトの名称説明はこちら

2拠点接続中のレイアウト(資料なし)

SX80 1画面 2拠点接続(資料なし)

ロンドンとニューヨークをカメラ映像のみで接続した際のレイアウトです。
両拠点とも1画面に表示しているのが確認できます。

2拠点接続中のレイアウト(資料あり)

SX80 1画面 2拠点接続(資料あり)

ロンドンとニューヨークを資料共有ありで接続した際のレイアウトです。
両拠点共に同じ4種類のレイアウトがあります。
それぞれサイドバイサイド、オーバーレイ、一画面表示、対象拡大表示から選択できます。
対象拡大表示、一画面表示、オーバーレイでは、メインで表示するものは全て資料になり、変更はできません。

3拠点接続中のレイアウト(資料なし)

SX80 1画面 3拠点接続(資料なし)

ロンドンと、ニューヨーク、パリをカメラ映像のみで接続した際のレイアウトです。
ロンドンのみ4種類のレイアウト(サイドバイサイド、対象拡大表示、一画面表示、オーバーレイ)を自由に変更できます。
ニューヨーク、パリはサイドバイサイドでの表示になります。

3拠点接続中のレイアウト(資料あり)

SX80 1画面 3拠点接続(資料あり)

ロンドンとニューヨーク、パリを資料共有ありで接続した際のレイアウトです。
3拠点共に同じ4つのレイアウトを自由に変更できます。
それぞれ、サイドバイサイド、対象拡大表示、一画面表示、オーバーレイとなっています。
対象拡大表示、一画面表示、オーバーレイでは、メインで表示するものは全て資料になり、変更はできません。

4拠点接続中のレイアウト(資料なし)

SX80 1画面 4拠点接続(資料なし)

ロンドン、ニューヨーク、東京、パリをカメラ映像のみで接続した際のレイアウトです。
ロンドンは4つのレイアウトを自由に変更することができます。
1つ目はサイドバイサイド、2つ目は対象拡大表示、3つ目は一画面表示、4つ目はオーバーレイとなります。
ニューヨーク、東京、パリは1画面に各拠点を縮小して表示するサイドバイサイドでの表示になります。

4拠点接続中のレイアウト(資料あり)

SX80 1画面 4拠点接続(資料あり)

ロンドン、ニューヨーク、東京、パリを資料共有ありで接続した際のレイアウトです。
全拠点とも、サイドバイサイド、対象拡大表示、一画面表示、オーバーレイの4種類のレイアウトを自由に変更できます。
対象拡大表示、一画面表示、オーバーレイでは、メインで表示するものは全て資料になり、変更はできません。

5拠点接続中のレイアウト(資料なし)

SX80 1画面 5拠点接続(資料なし)

ロンドン、ニューヨーク、東京、パリ、大分をカメラ映像のみで接続した際のレイアウトです。
ロンドンは、4種類のレイアウトを自由に変更することができます。
それぞれ、サイドバイサイド、対象拡大表示、一画面表示、オーバーレイとなります。
ニューヨーク、東京、パリ、大分は、サイドバイサイドでの表示となります。

5拠点接続中のレイアウト(資料あり)

SX80 1画面 5拠点接続(資料あり)

ロンドン、ニューヨーク、東京、パリ、大分を資料共有ありで接続した際のレイアウトです。
ロンドンは3種類のレイアウトを自由に変更することができます。
サイドバイサイド、オーバーレイ、一画面表示を選択できますが、対象拡大表示をすることができません。
ニューヨーク、 東京、パリ、大分は、4つのレイアウトがあります。
こちらはサイドバイサイド、オーバーレイ、一画面表示、対象拡大表示の4種類となります。

関連記事

  1. Cisco SX10

  2. Cisco DX70

  3. Cisco DX80

  4. SX20 3画面 2拠点接続(資料なし)

    【SX20】テレビ会議接続中のレイアウト(2画面)

  5. CUCMコール拒否機能のテスト結果

  6. Cisco IP Phone 7841の組み立て方法